なくなった歯を取り戻す|インプラント治療を受ける歯科の選び方とは

健康保険の適用はない

人工歯根

先進医療に該当するか否か

歯科医院で一般的な歯科治療を受けると、健康保険の適用を受けることができます。一般の人なら3割負担で受けることができます。歯科医院には、一般歯科の他に、審美歯科などが書かれていることがあります。ホワイトニングや矯正などを行ってくれる治療です。審美歯科に該当する場合、健康保険の適用はありません。では、インプラントは何になるかです。義歯を入れることを考えると一般歯科に該当しそうですが、今のところは審美歯科の部類に入るとされています。そのため、健康保険の適用はなく、全額自己負担になります。では生命保険の医療保険ではどうなるかです。インプラントは、高度医療、先進医療の一つとされています。生命保険の中には、これらの治療時の給付が設定されています。かつては、インプラントを受けた時に生命保険の先進医療が適用されていました。しかし、現在は基本的には、適用されないことになっています。普通に受けたのであれば、インプラントで生命保険からの給付を受けることはできません。では全く受けられる可能性がないかですが、実はそうでもありません。審美歯科として行った場合には適用されないものの、必要に迫られて行われる治療であれば可能性があります。通常のブリッジなどが行えない状態であれば、選択肢が狭まります。その時には利用できる可能性があります。できるかどうかは、医療機関がどんな判断をして行うかになります。どうしても受けたい場合には、事前に確認をしておくと良いでしょう。